堺市一戸建て.comからのお知らせ

【よい管理体制とは?】管理体制のいろいろ


05

 

複数の住民がひとつの建物を

共同で所有するマンションは、

住民が気持よく暮らすために一定のルールを

設ける必要があります。

 

ゴミの出し方、ペットの可否、

共有部分のメンテナンス方法など・・・

このようなマンションのルールは

管理規約によって定められます。

 

その規約は区分所有者と呼ばれる

住民全員が加入する管理組合でつくられます。

 

管理業務は管理会社が行っているという

マンションもありますが、

これは管理会社が管理組合から委託されて

管理を行っているだけで、管理方針を決めるのは住民なのです。

 

新築マンションの場合は、分譲時に

不動産会社によって管理規約が決まっていますが、

管理組合の総会決議で区分所有者の

4分の3の賛成があれば変更することが可能です。

 

 

管理体制の方法

①自主管理

住民全員が管理を分担する方法。

管理費は安くなるが、手間や時間がかかり

住民同士のトラブルが発生しやすくなる。

 

 

②部分委託管理

日常的なメンテナンスや清掃業務など

一部だけ管理会社に委託する方法。

一括委託管理より管理費は少なくすむが、

入居者にも管理業務がある。

 

 

③一括委託管理

管理会社に管理員の派遣や清掃業務、

点検・修繕業務など一括して管理を任せる方法。

管理費は高くなるが、共用部分の管理に

入居者が携わる必要がない。

管理員の勤務形態には常駐・通勤(日勤)

巡回などがある。

 

常駐は管理員がマンションに住みこんで業務を行い、

緊急時は24時間対応に当たる。

管理費はもっとも高い。

通勤は管理員がマンションに通勤するため、

週末や夏季・年末年始などマンションによって

休日の規定がある。

巡回は一人の管理員が複数のマンションを

定期的に巡回する。

決められた曜日に一定時間だけ窓口を開ける。

 

 

大きく上記の3つの方法に分けられますが、

所有者に手間のかからない一括委託管理方法を

採用しているマンションが大多数です。

 

 

 

この記事をシェアしますか?

近畿住宅販売スタッフ の紹介

私ども(株)近畿住宅販売は、堺市地域密着の不動産会社として、お客様の満足度地域一番店をめざしております。堺市の不動産、一戸建て、マンション、土地の事ならお気軽にお問合せ下さい。

カテゴリー: お知らせ, スタッフブログ   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

現在の会員数3503

ネット未公開物件をメールでお届け

  • 一般公開物件

    184

  • 会員限定物件

    656

お問い合わせフォームを確認する

オープンハウス情報

物件購入前に必ずチェック! 購入の流れ10の知識

近畿住宅販売の新築一戸建てギャラリー

メリーさんの野菜畑

堺市一戸建て.com

メールでのお問い合わせ

株式会社近畿住宅販売

〒590-0952
堺市堺区市之町東3丁2-11
プレナス市之町ビル2F

TEL 072-238-0111
FAX 072-238-0038